ラベンダーオイルの特徴・効果について

ラベンダーオイルは、別名を真正ラベンダーとも呼ばれ、アロマテラピーの中で最も広く使われてるオイルの一つです。ラテン語で洗うという意味を持つ言語から由来していると言われ、初夏から夏にかけて可憐で香りのよい紫色の花を咲かせます。古代ローマ人が入浴や洗濯の際にラベンダーをお湯や水に入れることを好んだり、けがをしたときに傷口を洗浄するためにも使われてきたと言われています。作用がとても穏やかなため、子供にも安心して使用できる優れたオイルです。通常アロマオイルは原液のまま肌につけてはいけないのですが、例外的にラベンダーとティーツリーだけは少量であれば直接肌につけて使用することができます。ややウッディで軽いフローラル系の香りが特徴で、アロマバスやマッサージ、スキンケア、芳香欲などに使用されます。精神疲労やストレスなどを軽減し、リラックスさせる効果があります。ラベンダーオイルは美容面ではあらゆる肌のケアに適しており、日焼けややけどの炎症を静めたり、虫刺されなどにも使用されます。その他にも血圧降下や健康回復、抗鬱、抗炎症作用など様々な用途に使える万能オイルです。オレンジやカモミール、ジャスミン、ゼラニウム、レモン、ローズマリーなどのおいると相性が良いのも特徴です。
テクスチャー01