ラベンダーオイルの使い方

ラベンダーオイルの使い方ですが、まずラベンダーオイルというのはラベンダーから取ることが出来るオイルのことをいいます。エッセンシャルオイルというと大半が原液で肌へ直接使うことができないのですが、ラベンダーオイルに関しては使い方に柔軟性があって、肌に触れても大丈夫なオイルなのです。ですからアロマテラピーとしての使い方もあります。

睡眠を深くする、リラックスさせるなどメンタル面で安定させる効果があります。殺菌力もありますし防虫にも効果的なのも特徴です。アロマテラピーとして使う場合はマッサージをする際に使ってもいいですし、お風呂に1滴から3滴ほど入れて混ぜて入れば香りの効果でリラックスできてストレス解消や精神面を安定させることにもつながります。部屋の芳香剤として使用することもでき、アロマポットに入れて部屋に香りを漂わせるだけでも効果が期待できますしリラックスできるようになります。

虫刺されとしても使うことができ、虫刺されのかゆみ止めに、綿棒にたらして塗るという方法もありますが傷がある場合や出血がある場合は使えません。石鹸や化粧品の材料として使ってもいいでしょう。肌に直接つけることができるラベンダーならではの使用方法です。
テクスチャー02

コメントは受け付けていません。