摂取量の目安

テクスチャー08美容において様々なものを摂取すると思いますが、その際の摂取量の目安となるのはなにを取るのかによっても違いがあります。例えばですが肌のために取り入れるといいと言われているビタミンCがありますが、これも取りすぎはよくないのです。目安となる量が今っています。例えばビタミンCの場合には推定平均必要量というものがあり、これは同じ年代の人で半分が摂取量を満たしている状態のことをいいます。もっとシンプルに表現すれば最低限取り入れる目安となる量です。そして推奨量と呼ばれる量もあります。これは同じ年代の人で97パーセントから98パーセントの人が満たしているという状態です。これだけとっておけば大半の人が満足できる量ということがこれにあたります。例えば女性なら一般的な平均必要量は85mgで、推奨料は100mgとなっています。もちろんストレスをたくさん感じている人、タバコを吸っている人など体の中でのビタミン消費量が激しい人はさらに量を取り入れる必要があるのですが、自分の状況に応じて取り入れる量を考えるといいでしょう。

ビタミンCに関しては水に溶けやすい性質があるので、過剰に取り入れても大半が体の外に排出されるので少し取りすぎてもいいくらいかもしれません。

コメントは受け付けていません。